減圧弁・背圧弁・バルブ・継手:流体機器の専門商社 | 米TESCOM社・米HOKE社日本総代理店

株式会社テクメイション

水素ステーション用圧力調整器

Ni当量材に対応

TESCOM社の圧力調整器はJHFC水素ステーション実証機においても高い評価を頂いております。残念ながら海外メーカーのためASME材でのご提供しかできておりませんでした。

お客様からもお叱りと励ましのお言葉を頂いておりましたが、このたび弊社とTESCOM社の協力のもと、Ni当量材に対応したモデルのご提供ができるようになりました。

水素ステーション用として材質はSUS316(Ni当量28.5)、圧力は103MPaまで、使用温度は-40〜85℃まで対応しております。
もちろん高圧ガス認定も可能です。

減圧弁 26-10Jx-49-901, 901A

26-10J7-49-901
ハンドノブ式(モデル901)
26-10J0-49-901A
エアアクチュエーター式(モデル901A)

特徴

  • JIS G4303 SUS316 Ni当量材使用
  • 一次側103MPa、二次側103MPa対応
  • -40〜+85℃対応
  • 定格最大Cv値 0.3
  • バランス型バルブの採用により7番レンジモデルでは元圧変動特性わずか0.7%

良好な元圧変動特性によって、高圧ラインから安全に圧力を抜くような用途にも使用できます。

仕様図

背圧弁 26-17Jx-49-799, 799A

26-17J0-49-799A
エアアクチュエーター式(モデル799A)

特徴

  • JIS G4303 SUS316 Ni当量材使用
  • 103MPa対応
  • -40〜+85℃対応
  • 定格最大Cv値 0.6

仕様図